寝かせ玄米のほか、玄米甘酒など玄米にこだわった国産・無添加のおいしいものを揃えています。

【二十四節気の一汁】夏至「トマトとみょうがの赤だし」
二十四節気の一汁 赤味噌 トマト

【二十四節気の一汁】夏至「トマトとみょうがの赤だし」

カレンダーで時おり見かける、立春や冬至といった季節の変わり目。
これらは二十四節気(にじゅうしせっき)と呼ばれ、太陽の動きをもとに、春夏秋冬をさらに6分割した期間です。
その時期ごとに食べると縁起がいいものや、季節の変わり目にとりたい食材のヒントが隠れていたり。

この連載では、寝かせ玄米によく合う一汁を、二十四節気の移り変わりとともにご紹介していきます。

■TOPICS

・夏至(げし)
・夏至の過ごしかた
・夏至に旬をむかえる食材
・夏至の一汁レシピ「トマトとみょうがの赤だし」

夏至(げし)


全国的に梅雨に入り、天気のすぐれない日が続きますね。
沖縄地方ではまもなく梅雨が明けるころ。
どんよりとした天気が続くため気がつきにくいのですが、この時期、太陽の高さが1年の中で最も高く、昼間の時間が最も長くなる「夏至」をむかえます。

 

夏至の過ごしかた

2019年の夏至は6月22日(土)から7月6日(土)までの期間にあたります。
北半球では最も昼が長く、最も夜が短いので冬至と比べると4、5時間ほど日中の時間が長くなります。
後半になると梅雨明けも近づき、天気がいい日には夜7時ころまで明るいので、外でのアクティビティを楽しめる季節となります。

日中の時間が長いと脳の活動時間も長くなり、睡眠不足に陥りやすいことも。
夜は明かりを落とし、睡眠をしっかりとって疲れをため込まないようにしましょう。

夏至に旬をむかえる食材

このころ旬をむかえる食材は、トマト、きゅうりなどの夏野菜や、みょうがや大葉などの香味野菜。さっぱりとした風味で、食欲の落ちやすい梅雨の時期におすすめの食材です。

今回はトマト丸ごと1個とみょうがを使った旬のお味噌汁をご紹介します。

このレシピでは、トマトは湯むきをします。
湯むきをすると酸味がやわらいで甘みが増し、味なじみや舌触りもよく、トマトのおいしさを存分に味わうことができます。

ひと手間に思いますが、ヘタをとり15秒ほど茹で、冷水にとると簡単に皮をむくことができます。

トマトの鮮やかな赤い色はリコピンという成分で、強い抗酸化作用があり、体をサビさせる活性酸素を取りのぞく働きがあります。

加熱すると栄養素が失われるイメージがありますが、リコピンは生の状態より加熱をすることで吸収しやすくなるため、トマトは生だけでなく加熱して食べるのもおすすめです。

 

夏至の一汁「トマトとみょうがの赤だし」


湯むきしたトマトの甘みと、赤味噌のしょっぱさがよく合います。みょうがのさっぱりとした香りと食感が加わり、食欲が落ちる梅雨の季節にぴったりな1杯です。

材料(2人分)

トマト
中2個
みょうが
1本
だし汁
300ml
赤味噌
大さじ1

作り方

  • 01トマトはヘタをとって沸騰したお湯に入れ、皮がめくれてくるまで10〜15秒ほど茹で、冷水にとって皮をむく。食べやすい大きさに切る。

  • 02みょうがは輪切りにする。

  • 03鍋にだし汁を入れて中火にかけ煮立ったら、火を止めて赤味噌を溶き入れる。

  • 04トマトを入れて再度火にかけ、煮立つ直前で火を止める。器に盛り、みょうがをのせて完成。

季節の味噌汁と寝かせ玄米で体をいたわって

トマトは野菜の中でもうまみ成分がたくさん含まれる野菜です。
旬のトマトを丸ごと1個使ったお味噌汁、寝かせ玄米に漬物をつけ、食欲がないときでもおいしく、栄養素がとれる食事の出来上がり。

次回は、日に日に暑さが増して本格的に夏をむかえる節気「小暑」です。お楽しみに!

寝かせ玄米 小豆ブレンド24食セット

6,864(税込)

卑弥呼醤院 赤みそ

575(税込)

レシピ製作 管理栄養士 北田

管理栄養士ライター、ファスティングマイスター。 旅行が趣味で国内・海外とよく旅に出てはおいしいものを食べ歩いているが、いつまでもおいしいものを食べるための健康づくりに、普段は玄米食でメリハリをつけている。

お買いもの

結わえるオンラインストアへ 結わえるオンラインストアへ行く
TOP