寝かせ玄米のほか、玄米糀甘酒など玄米にこだわった国産・無添加のおいしいものを揃えています。

金属加工の聖地でKOUBAをめぐる! 参加企業は100社以上『 燕三条 工場の祭典 』

金属加工の聖地でKOUBAをめぐる! 参加企業は100社以上『 燕三条 工場の祭典 』

金属加工の産地、新潟県燕三条地域とその周辺地域で開催されるイベント「燕三条 工場の祭典」。

燕三条は「日本で一番社長が多い街」といわれ、刃物などの金属製品を手がける小規模企業がたくさんあります。古くから農具・和釘の製造にはじまり、大工道具や包丁などの刃物鍛冶、さらに一枚の銅板を叩き上げて作り出す鎚起銅器など、ありとあらゆる金属製品の一大生産地として発展してきました。

工業化が進んだ今も伝統技法を守り続ける職人がとても多く、その活気は失われていません。そんな「工場(KOUBA)」83社に加え、「農業」を営む「耕場(KOUBA)」11社、さらに「KOUBA」でつくられたアイテムを販売する「購場( KOUBA)」9社など、参加企業は100社以上。燕三条地域の工場だけでなく、真摯に農業や商いに取り組む「KOUBA」が皆様に新たな扉を開きます。

©「燕三条 工場の祭典」実行委員会

期間中は、普段は閉じられている場所を訪れ、「KOUBA(工場・耕場)」で働く人々と気軽に触れあい、職人たちの手仕事やものづくりの現場を間近で見学できるほか、体験型のワークショップや見学ツアーなども。

また、今年はオフィシャルイベントとして「産地の祭典」も開催されます。国内外11の産地ブースが出店し、展示販売やトークショー、ワークショップなど、さまざまな催しを実施。

ホンモノのものづくりの現場をおとずれるため、工場内には様々な機材があります。参加および見学をご希望の方は、動きやすい服装での参加をお忘れなく!

©「燕三条 工場の祭典」実行委員会

コラム製作 ゆうな

絵を描くこと、ものづくりが好きで高校からデザインを学んで某美大へ。卒業後は企画を学びに代理店に就職。 プランナーという名の何でも屋だったので、マンガ連載や似顔絵作成など、まったく関係ない能力が色々と身につく。ライターとしては勉強中。 今より約10kg以上も太っていた過去が…! 自力で食の勉強をするうちに大の料理好きに。今は痩せた幸せと玄米を噛みしめている。 料理好きが高じて最近では釣りや陶芸、包丁も柳刃や出刃まで揃えて自分で研いだりしているが、「女子力っていうか、凝り性なおじさんに近いよね」という友人の指摘は概ね間違ってはいないと思う。

お買いもの

結わえるオンラインストアへ 結わえるオンラインストアへ行く
TOP