寝かせ玄米のほか、玄米甘酒など玄米にこだわった国産・無添加のおいしいものを揃えています。

お買いもの
食器中部食器・調理器具

我戸幹男商店 『マテバリ』シリーズ 楓(かえで)椀 拭漆

3,780(税込)
ポイント1倍
通常便
数量
『マテバリ』…5種類の「マテリアルバリエーション」の楓(かえで)を使用。世界に一つだけのオリジナルの木目をお選びください。

 

日々の食事を器から
ふんわりとした優しい雰囲気をもつ「かえで」

毎日の食卓に必要なものだからこそ、こだわりたい。自分の体を支えるご飯とお味噌汁を素敵な器で味わい深く食しませんか?マテバリシリーズは、マテリエル・バリエーション、その名のとおり素材から実用性と美しさを究極までに引き出した、世界に一つしかない素材を使った模様のシリーズです。使いこなせば使いこなすほど、経年変化で味わい深さが堆積していきます。「かえで」は決め細かく手触りがスベスベしており、木目も曖昧で、ふんわりとした優しい雰囲気を持っています。木地が白いので漆黒にはならず、明るさを残した褐色の拭漆タイプ。

 

 

「木地の山中」と称される
石川県の伝統工芸品「山中漆器」

漆器には、木地、塗り、蒔絵の生産工程があり、塗り工程はさらに下地と上塗りに分かれます。石川にある漆器の三大産地は、それぞれ「木地の山中」、「塗りの輪島」、「蒔絵の金沢」と称され、特徴を持ちます。「木地の山中」と称される山中漆器は、お椀などの丸い木地をろくろでひく木地師の技術が国内トップクラスを誇り、その芸術性は高く評価されています。

 

 

石川県に伝わる山中漆器の老舗
我戸幹夫商店

我戸幹夫商店は、1908年石川県で我戸木工所として創業。天然の木材を用い、木地師が丁寧に焼き上げ、素材本来が生み出す美しい木目をそのまま模様として器に表現します。これは、素材選定、木地の精度、透明感のある拭漆の高い技術があって成り立ちます。長らく山中漆器として愛され続ける漆器のクオリティを感じてください。

 

商品詳細
TOP