fbpx
パックごはんは体に悪い?メリットとデメリットを徹底解説
健康 玄米 寝かせ玄米 寝かせ玄米ごはんパック ごはんパック

パックごはんは体に悪い?メリットとデメリットを徹底解説

便利で手軽なパックごはん

ごはんが常温でパックに詰められて売られているパックごはん。
誰しもが一度は食べたことがあるのではないでしょうか?
初めての一人暮らしや、夜食に少し欲しい時、
電子レンジでチンするだけで食べられるパックごはんは便利で誰でも簡単に食べられます。

常温で保存期間も長いため、最近では災害用に備蓄しているご家庭も増えてきました。

日本人ならば昔からお米はお釜や炊飯器で自分で炊くもの。
毎日電子レンジでチンしたごはんを食べるのはどこか罪悪感・・・
そんな風に思う方も多いのではないでしょうか?

パックごはんは毎日食べても大丈夫?体に悪い?
今回はメリットとデメリットをご紹介します。

■TOPICS

・パックごはんのメリットは?
 ∟1.保存や持ち運びが便利
 ∟2.調理時間や手間が削減できる
 ∟3.栄養バランスの考慮やカロリーコントロールがしやすい
・パックごはんのデメリットは?
 ∟1.添加物や保存料が気になる
 ∟2.食材の品質や味の劣化が気になる
 ∟3.自炊よりもお金がかかる
・パックごはんの栄養価と体への影響は?
・パックごはんの選び方と工夫
・便利なパックごはんを活用していこう

パックごはんのメリットは?

ごはんパック

パックごはんを食べる代表的なメリットは3つあります。

1.保存や持ち運びの便利さ
2.調理時間や手間の削減
3.栄養バランスの考慮やカロリーコントロールのしやすさ

1.保存や持ち運びが便利

パックごはんはなんと言っても保存期間が長いものが多いです。
長期保存ができるため、普段用から災害用まで買い置きしておくことができます。
スーパーなどで見かけるパックごはんは賞味期限が製造より約1年ということが多いです。

また、持ち運びにも便利なため、外出先やオフィスでの食事にも最適です。
お弁当箱にごはんを詰めなくてもパックごはんを持っていけばチンするだけですし、
パックごはんはカバンの中で傾いても心配がないですね。

2.調理時間や手間が削減できる

パックごはんは電子レンジで温めるだけですぐに食べられます。
一般的なパックごはんは電子レンジで2分ほどで出来上がるものが多いです。
(上記各メーカーによって異なりますので、お召し上がりの際は表示をご確認下さい。)

初めての一人暮らしや単身赴任など料理が苦手な人には手軽に食べられるパックごはんがおすすめ。
また、うっかりごはんの炊き忘れや、ごはんが足りないときにもすぐに用意できて便利です。

3.栄養バランスの考慮やカロリーコントロールがしやすい

パックごはんは1食の内容量が決まっているのでカロリーの計算がしやすいです。
食事制限やダイエットをしている人は自分でごはんの量が調整できるのでパックごはんはおすすめ。

お茶碗に盛って、ついついおかわりをして食べ過ぎてしまう人は
パックごはんでごはんの量をセーブしても良いかも。

パックごはんのデメリットは?

ごはんパック

パックごはんを食べる代表的なデメリットは3つあります。

1.添加物や保存料の懸念
2.食材の品質や味の劣化
3.高価な場合がある

1.添加物や保存料が気になる

パックごはんは長期保存ができるというメリットがありますが、長期保存のために添加物や保存料を使用している場合があります。
健康のためや気持ち的に添加物や保存料を避けている、という方にとってはデメリットかもしれません。

ですが、最近では添加物や保存料を使用していないパックごはんも増えてきていますので、気になる方は購入の際に成分表示などの表示をチェックして自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

国産で添加物不使用の寝かせ玄米ごはんパックは、もっちもちで美味しく、電子レンジで2分温めるだけで簡単に食べられるごはんパック。
玄米は、契約農家さんが栽培している特別栽培米。除草剤一回のみ、残留農薬基準値以下、放射能検査済み。その玄米を使って、自社工場【寝かせ玄米ファクトリー】で、「寝かせ玄米ごはんパック」を作っています。

寝かせ玄米4種ミックス 6食 #玄米3days

1,980(税込)

【お得な継続コース】寝かせ玄米4種ミックス 12食(段階割引あり)

3,695(税込)

2.食材の品質や味の劣化が気になる

真空パックのごはんパックは製造時に殺菌処理をして菌を防いでいるため長期保存が可能です。
しかし、一度開封して酸素に触れてしまうと酸化したり、雑菌が付着したりして、品質が劣化してしまうため開封後はすぐに食べるようにしましょう。

また、チンした時に容器のプラスチック臭が気になるというお声もたまにあります。
電子レンジやパック内に漂ったにおいが気になる方は少し冷ましてから食べるのがおすすめです。

また、パックごはん内に結露のような水滴見られ、劣化の恐れ・品質が気になるというお声もよくあります。
これは製造時に加熱殺菌処理を行っており、その際、一度汗(水滴)をかき、その後、冷却作業へと進みますがその際に、汗(水滴)がひくものとひかないものがあります。
一般的に商品は加熱殺菌処理を行っているため、無菌の状態ということになります。
水滴が空気に触れるとカビの原因となってしまいますが、真空状態のパックごはんであれば密封されているため品質には問題ないです。*
(*結わえる「寝かせ玄米ごはんパック」の場合)

3.自炊よりもお金がかかる

自分で炊飯器で炊いて食べるよりも高くついてしまうのがパックごはん。
自炊だと1杯数十円に対し、パックごはんは1個当たり150円〜200円などが多いです。

コストパフォーマンスを気にするなら自炊、タイムパフォーマンスを気にするならパックごはんがおすすめ。
自分の生活スタイルや健康に合わせて選ぶと良いでしょう。

パックごはんの栄養価と体への影響は?

ごはんパック

一般的なパックごはんの栄養価は炊飯器で炊いた同量のごはんとほぼ同じです。
普通の炊飯器で炊いたご飯と同じようにお使いいただけます。

ではなぜ、パックごはんは体に悪そうという声があるのでしょうか?
体に悪そうと気にされる方は添加物や保存料を気にされていることが多いと思います。

パックごはんのデメリットでもお伝えしましたが、長期保存のために添加物や保存料を使用している場合があります。
どうしても添加物や保存料が気になる方は添加物や保存料を使用していないパックごはんを選んでみてはいかがでしょうか?
購入の際に成分表示などの表示をチェックして自分に合ったものを選んでみましょう。

寝かせ玄米4種ミックス 6食 #玄米3days

1,980(税込)

【お得な継続コース】寝かせ玄米4種ミックス 12食(段階割引あり)

3,695(税込)

パックごはんの選び方と工夫

ごはんパック

ここまでパックごはんのメリットとデメリットをご紹介してきましたが、最近では種類もたくさん増えています。
自分に合ったパックごはんがわからない!そんな方は参考にしてみてください。

普段お茶碗いっぱいにごはんを食べることが多い方

スーパーなどでよくあるのが180gのパックごはん。
180gはお茶碗の並盛りより少し多めな中盛りくらいなのでしっかり食べたい方におすすめ。

女性の方や小食ぎみの方

最近では120〜150gくらいの少し小盛りのサイズのパックごはんも見かけます。
女性の方や小食気味の方はこちらがおすすめ。

玄米や雑穀を楽しみたい

玄米ごはんのパックごはんも増えてきました。
玄米はパサパサで美味しく炊けない方はパックごはんを試してみるのもおすすめです。
中には雑穀を混ぜたものもありますので栄養価や健康美容に気をつけたい方にも。

YUWAERUでは玄米を美味しくもっちもちにした「寝かせ玄米ごはんパック」が大人気。
パサパサで美味しくない玄米を美味しくいただけます。
小豆や雑穀なども混ぜているため、食物繊維を摂りたい方にも人気です。

寝かせ玄米4種ミックス 6食 #玄米3days

1,980(税込)

【お得な継続コース】寝かせ玄米4種ミックス 12食(段階割引あり)

3,695(税込)

便利なパックごはんを活用していこう

ごはんパック

いかがでしたでしょうか?
日本人には欠かせない主食のお米、自炊にこだわらずたまにはパックごはんで楽してみても良いかも。
美味しく炊くのが難しい玄米や雑穀はパックごはんがおすすめ。
この機会に食物繊維や副栄養素を意識した玄米生活にチャレンジ!

メリット、デメリットを理解した上で、自分の生活スタイルにあったものを選んでみましょう♪

寝かせ玄米4種ミックス 6食 #玄米3days

1,980(税込)

【お得な継続コース】寝かせ玄米4種ミックス 12食(段階割引あり)

3,695(税込)

YUWAERU寝かせ玄米ごはんパック
玄米は白米に比べて栄養素豊富な「パーフェクトフード」
ですが、パサパサして美味しくない・炊くのが大変そう、そんなイメージが強く、玄米を日常的に食べるのは難しい、という方も多いです。
そこで結わえるが作ったのが、もっちもちで美味しくて、電子レンジで2分温めるだけで簡単に食べられる「寝かせ玄米ごはんパック」
レトルトパックになっているので、時間がない時や出張中、家族は食べないけど自分だけ食べたい、そんな時などに便利です。

コラム製作 管理栄養士 村上

結わえるwebマーケティング部の管理栄養士。 好きな食べ物1位は卵。読んで、見て、楽しいコラムをお届けします。
TOP