寝かせ玄米のほか、玄米糀甘酒など玄米にこだわった国産・無添加のおいしいものを揃えています。

Patina歳時記|なぜ節分で豆をまくの?恵方巻とは?今さら聞けない節分の由来や意味
Patina歳時記 寝かせ玄米 結わえる 節分 恵方巻 恵方 豆まき 由来 歳時記 立春 旧正月 旧暦 追儺 柊鰯 恵方巻き 丸かぶり 方角 行事 雑節 patina歳時記

Patina歳時記|なぜ節分で豆をまくの?恵方巻とは?今さら聞けない節分の由来や意味

[Patina歳時記 ]次世代に残したい持続可能なモノ・ヒト・コトの基本。大切に受け継ぎたい日本の歳時記をお届けします

節分

2月3日は「節分」です。

柊(ひいらぎ)の枝に鰯(いわし)の頭を刺して飾り、盛大に豆まきをして、恵方に向かって太巻き寿司を無言で丸かぶり……

なかなか盛りだくさんの内容ですが、子どもの頃から慣れ親しんだ行事ということもあり、あまり深く考えたことがないという人が多いと思います。

それぞれどんな意味があるのか、そもそも「節分」とは何なのか。

日本人なら知っておきたい「節分」についてまとめてみました。

節分の由来を知ろう

「節分(せつぶん)」とは、そのまま字のとおり『節の分かれ目=季節の分かれ目』のこと。

本来、春・夏・秋・冬という4つの季節の移り変わる節目「立春・立夏・立秋・立冬」の前日のことを「節分」と呼んでいました。

旧暦では、冬が終わって春に入る日である「立春」(2月4日頃)が一年の始まりとされています。

一年の始まりということは、立春(2月4日)は旧暦では「お正月」となります。

お正月の前日2月3日は旧暦の「大晦日(おおみそか)」ということになり、必然的に4つの「節分」の中でも特に重要とされ、「節分といえば2月3日!」となっていきました。

つまり、2月3日の「節分」は旧暦だと「大晦日」。

新しい1年を迎える「前日」という大切な節目の日なのです。

 ちなみに、現在のお正月は1月1日で真冬の時期ですが、年賀状などは「新春」や「迎春」と表現しますよね。

それは、旧暦では「立春」を挟んだ1月〜3月まで「春」としていた名残だそうです。

〈パティまめ知識〉 
Q.2018年の「立春」はいつ?
 立春(2月4日)
 立夏(5月5日)
 立秋(8月7日)
 立冬(11月7日)
 ※年によって日が異なります。

豆まきは「1年の厄や災を払う」ため

旧暦では「大晦日」だった「節分」。

新たな年を迎えるため、厄や災を払う邪気払いを行い、1年を締めくくっていました。

宮中では、古代中国から伝わった邪気払い「追儺(ついな)」という厄や災難を祓い清める行事が行われていたそう。

「追儺(ついな)」とは、桃の木で作られた弓矢を射って、鬼を追い払うという平安時代から行なわれていた行事です。

諸説ありますが、この「追儺(ついな)」の弓矢が、室町時代以降は豆に代わり、豆をまいて鬼を追い出す日本独自の行事へ発展していきました。

そして江戸時代には、庶民の行事として浸透していったとのことです。

今、多くの神社で行なわれている節分祭や追儺式もその当時からはじまり、現在に受け継がれています。

なぜ「豆」をまくことになったの?

昔から、穀物や果物などには「邪気を払う霊力がある」と信じられていました。神様へのお供え物も、お米や果実、お酒などがモリモリに盛られているのを目にされたことがあると思います。

そのことから霊力パワーを持つ豆をまいて、厄や邪気をはらうようになったそうです。

しかし穀物の中でも、なぜ「豆」が選ばれたのか…それには理由があります。

まず、豆はまくと広く飛び散るため、広範囲に邪気払いが出来るとされました。

豆(まめ)=魔目(まめ)にめがけて豆をなげることにより、魔滅(まめ)=魔物を滅するという意味もあったとのこと。

昔の人々は、鬼は邪気の象徴として飢餓や作物の不作、病気などの災いを鬼の仕業だと考えていました。ですから豆を投げて鬼を払うことで、邪気を払って福を呼びこもうとしていたのですね。

ちなみに、韓国や中国では「立春」は盛大にお祝いをしますが、前日の「節分」は日本のように祝う習慣はありません。「節分」で豆まきをするのは日本だけなのです。

〈パティまめ知識〉 
Q. どんな豆でもいいの?
 節分では炒った大豆を使います。
 「炒る=射る」とされ、
 「邪気を射る」
 と言われているからです。
 生の大豆をまくと、
 そこから芽が出て
 しまうことが考えられ、
 縁起が良くないといわれています。

 

 

柊鰯(ひいらぎいわし)とは?

「節分」では豆まきの他に、柊(ひいらぎ)の枝に焼いた鰯(いわし)の頭を刺した「柊鰯(ひいらぎいわし)」と呼ばれるものを、玄関や門戸に飾る風習があります。

この風習も豆まき同様、鬼を払うためであり、魔除けの役割になります。

鰯のニオイで鬼を引き寄せ、柊の尖った葉で刺して追い払うという説。

鰯の焼いたニオイと煙で鬼を遠ざけて、柊の尖ったトゲで鬼の目をさすという説。

さまざまな説がありますが、「柊鰯」は鬼を寄せ付けない、家に入れないという「門守(かどもり)」の役目を果たしているのです。

また、鬼の嫌いなニオイの鰯を食べることで、体の中から鬼(邪気)を払うことができると考えられ、西日本を中心に節分の行事食として鰯を食べる習慣もあります。

鬼はそと。鬼はうち。どっちが正解?

豆まきのかけ声といえば「鬼は外、福は内」がよく知られていると思います。

しかし全国津々浦々を見渡してみると、鬼が神様として祭られている神社もありますし、東北地方では鬼を悪者として見ていない地域もあります。

マスコミなどでよく取り上げられる千葉県の成田山新勝寺や、日本三大観音で知られる愛知県の大須観音では、「鬼は外」とは言わず「福は内」のみを叫びます。

さらに、「鬼」という言葉が使われた神社の中には、「鬼は内」と言いながら豆まきをするケースも。東京都の真源寺の鬼子母神の節分祭では「福は内、悪魔外」と言うそう。

他にも、「鬼は内、福は外」という京都府福知山市の大原神社など、地域によってかけ声は様々です。

つまり、豆まきのかけ声には正解はなく、地域に準ずるということですね。

〈パティまめ知識〉 
Q. なぜ鬼のパンツはトラ柄?
 鬼の出入りする方角といわれる
 「鬼門」に関係しています。
 「鬼門」の方角は「北東」です。
 この方角は十二支では
 「丑」と「寅」にあたります。
 だから鬼は
 「丑(牛)のような角」があり
 「寅(虎)のパンツ」を履いている…
 というわけなのです。

恵方巻の由来、2018年の恵方は?

「節分に恵方巻を食べる」という風習はいつからなのでしょうか。

元々は大正時代初期の関西の花街からスタートしたと言われています。(※諸説あり)

当初は「恵方巻」という名称ではなく「節分太巻き」「丸かぶり寿司」等と言われていたそうです。

そして1980年代後半、コンビニから「恵方巻」と命名されて発売スタートしたのをきっかけに、全国的に広まっていきました。

ちなみに、「恵方巻」は包丁で切ってはいけないと言われています。これは縁を切らない&福を切らないという意味があるそうです。

ですので、願い事を思いながら「恵方巻」を丸かぶりして食べるというわけです。その際、恵方を向いて無言で食べると良いとされています。

しかし、無言で丸かぶりはなかなか大変ですよね。

なぜ無言なのかということも諸説あって定かではありませんが、神様にお願いごとを伝えている最中なので、ペチャクチャしゃべらないことが良いとなったのかもしれません。

なにはともあれ、2018年の恵方は「南南東」です!

「南南東」を向いて「恵方巻」をまるかぶりして福を呼びこみましょう。

それぞれの由来を思い返しながら「節分」を大いに楽しんでくださいね。

 

2018年「寝かせ玄米の恵方巻」

ただいま限定発売中!

ご予約は2018年2月2日(金)まで。

詳しくは下記画像をクリック!

コラム製作 ライター たなべりえ

大卒後、アパレル、出版、印刷、広告、編プロなどなど荒波にもまれて育つ。ライターなのかエディターなのかディレクターなのか…とにかくなんでもします。ひらがな名で活動中。地方の情報誌で編集長をしてた頃、見知らぬストーカーに追い込まれた武勇伝あり。SNSは野球アカとか飲みアカとかtwitterインスタ保持中&facebook塩漬け中。セレブなママ友をいっぱい持っているのがウリ。そこにビールがあればいい、 欲望のまま生きてる庶民です。

お買いもの

結わえるオンラインストアへ 結わえるオンラインストアへ行く
TOP