fbpx

【4月上旬リニューアル】寝かせ玄米ごはんパック定期商品販売終了のお知らせ

バレンタインデーとは?なぜチョコを渡す?簡単手作りチョコレシピ、体にやさしい玄米で健康アレンジ。
日本文化 レシピ 由来 おやつ バレンタイン お菓子

バレンタインデーとは?なぜチョコを渡す?簡単手作りチョコレシピ、体にやさしい玄米で健康アレンジ。

バレンタインデー

毎年2月14日はソワソワ…
バレンタインデーが近づくと巷にチョコレートが溢れ、幸せな気持ちになりますね。

今は当たり前のバレンタインデーですが、いつから日本に根付いたのでしょう?
なんでチョコレートを渡す文化に?

愛を伝えるけでなく、日頃の感謝、労いを伝えるのも素敵ですね。
もちろん自分のために美味しいご褒美スイーツも!

日頃の感謝を込めてあの人にチョコをプレゼントしたいけれど、
甘いものは血糖値が心配…そんな方のためにチョコ風味のアレンジレシピもご紹介します!

■TOPICS

・バレンタインデーの由来を知ろう
・バレンタインデーが日本で広まったのはいつ?
・バレンタインデーはなぜチョコをあげるの?
・チョコレートは女性から男性への贈り物?
・チョコレート不使用、バレンタインレシピ
∟いろんな食感が楽しい!玄米チョコパフェ
∟お豆腐でつくる玄米ティラミス

バレンタインデーの由来を知ろう

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代に遡ります。
当時のローマでは、2月14日は家庭と結婚の女神ユーノーの祝日で、翌日の2月15日は、豊年を願うお祭の始まる日でした。
当時の若い男女は生活スタイルが別でしたが、2月14日と15日に巡り合い、祭りの間パートナーとして一緒に過ごし、そのまま多くのパートナーたちはそのまま恋に落ちることが多かったようです。

現代よりも戦争が絶えない時代、愛する人を故郷に残し戦いに出る兵士は、その士気が下がるとされ、ローマ帝国皇帝によって婚姻を禁止したと言われています。
そこでキリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、愛する人との婚姻ができず嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていました。
やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は見せしめとしてウァレンティヌス(バレンタイン)を処刑します。
その処刑日に2月14日があえて選ばれ、以降は恋人たちの日となったと言われているそうです。

ウァレンティヌス(バレンタイン)の愛を救う想いが現代のバレンタインにつながっているんですね。

バレンタインデーが日本で広まったのはいつ?

日本でバレンタインデーが流行り出したのはは、1958年(昭和33年)ごろ。
戦後まもなく、流通・製菓業界のプロモーションのために少しずつバレンタインデーへの注目度が上がり、日本社会に定着したのは、1970年代後半と言われています。

バレンタインデーはなぜチョコをあげるの?

欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにプレゼントを贈り、感謝の気持ちと愛を伝えるのがバレンタインデー。
では日本ではなぜ、チョコレートをプレゼントするようになったのでしょう?

由来は諸説あるようですが、神戸のモロゾフ製菓が1936年(昭和11年)2月12日に英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー (The Japan Advertiser)』に掲載した広告、「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」が、バレンタイン=チョコレートと日本で根付いた由来と言われています。

チョコレートは女性から男性への贈り物?

少し前まではバレンタインデーは女性から男性にチョコレートを贈るもの。
日本ではそんなイメージのイベントでした。

ただし、これはお菓子のプロモーションのための、商業的な背景からできた日本ならではの文化です。

最近では「逆チョコ」なんて言葉も主流になってきましたが、本来欧米では恋人や友人、家族などがお互いに感謝の気持ちと愛を伝える日。
恋人への愛だけではなく、大切な友人、大切な家族への想いを伝える素敵な日なんです。

みなさんも、日頃の感謝やねぎらいの気持ちをこの機会に伝えてみてはいかがでしょうか?

チョコレート不使用、バレンタインレシピ

バレンタイン=チョコレート。
ですが、血糖値を気にしている人にはチョコレートはちょっと…

市販のお菓子は甘くて健康を気遣っている人には渡しづらい。
自分へのご褒美もからだが喜ぶスイーツにしたい!

そんなお悩みを解決すべく、YUWAERU(結わえる)の体にやさしいバレンタインレシピをご紹介。

いろんな食感が楽しい!玄米チョコパフェ

 

グラスに入れるとカフェ風に♪
チョコレート不使用なのに、玄米あまこうじの糀の甘みと、カカオの苦味でチョコを再現!
フルーツはお好きなものを♪ナッツを添えても美味しそう!

材料
玄米ぽんせん
適量
玄米フレーク
適量
バナナ
1本
いちご
3個
バニラアイス
適量
★チョコレアチーズ
※つくりやすい量
∟クリームチーズ
100g
∟ギリシャヨーグルト
100g
∟玄米あまこうじ
100g
★チョコクリーム
※つくりやすい量
∟ホイップクリーム
30g
∟玄米あまこうじ
50g

 

つくりかた

01 | ボウルに材料を全て入れ混ぜ合わせ、チョコレアチーズを作る。
02 | ボウルに材料を全て入れ混ぜ合わせ、チョコクリームを作る。
03 | バナナ、いちごはスライスしておく。
04 | グラスにチョコレアチーズ、玄米フレークまたは玄米ぽんせん、フルーツ、チョコクリームをお好みの順番と量で入れていく。
05 | バニラアイスと玄米ぽんせんをトッピングして、完成。

有機玄米フレークとあまこうじセット

3,330(税込)

有機玄米フレーク3個セット

2,881(税込)

玄米あまこうじ

810(税込)

玄米ぽんせん3個セット

1,000(税込)

 

お豆腐でつくる玄米ティラミス

 

コーヒーを染み込ませた玄米ぽんせんがほろ苦ビターで大人な味です。
お豆腐でヘルシーに仕上げました。
ほんのり甘いお豆腐マスカルポーネとビターな味でとまらない!

材料
★お豆腐マスカルポーネ
※つくりやすい量
∟絹ごし豆腐
150g
∟マスカルポーネ
200〜250g
はちみつ
大さじ2
レモン汁
大さじ1
玄米ぽんせん
1〜2枚
インスタントコーヒー
5g
お湯
10g
ココアパウダー
適量
ミント
適量

 

つくりかた


01 | お豆腐はキッチンペーパーで包みレンジ600Wで3分加熱して水切りし裏ごしする。
02 | 1にマスカルポーネチーズ、はちみつ、レモン果汁を加え、泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜ合わせる。
03 | ボウルに玄米ぽんせんを入れ、お湯で溶かしたコーヒーを加えてなじませる。
04| グラスに3のぽんせんをしき、上から2のお豆腐マスカルポーネを流し入れる。
05 | 冷蔵庫に入れて1時間以上冷やし固める。
06 | ココアパウダーを振り、完成。

玄米ぽんせん10個セット

3,271(税込)

玄米ぽんせん3個セット

1,000(税込)

感謝を伝えるバレンタインデー!体も心も健康に!

 

年に一度のバレンタインデーで感謝の気持ちを伝えて贈り物を贈り合う。
家族や恋人、友人とまったり心地よい1日を過ごしてみても良いかも♪

こちらのレシピもおすすめです♪
ショコラほうじ茶豆乳ラテ
甘酒を使ってローカロリーに!「甘酒ティラミス」のレシピ

コラム製作 管理栄養士 村上

結わえるwebマーケティング部の管理栄養士。 好きな食べ物1位は卵。読んで、見て、楽しいコラムをお届けします。
TOP