寝かせ玄米と日本のいいもの 結わえるオンラインストア本店

寝かせ玄米はもちろん、国産・無添加で旨いもの、 酒やつまみ、生活雑貨まで日本のいいもの揃えました。

大阪地方の地震による遅延のお知らせ

読みもの

旬のそら豆とトマトのとろとろ卵あんかけ丼

「寝かせ玄米に合う!そら豆とトマトの卵あんかけ丼」

 

先日、友人から大量の「そら豆」をいただきました。ほのかな甘さと独特の風味でおつまみとしても人気の食材ですよね。

スーパーでも色鮮やかなグリーンをよく見かけるようになりましたが、特にこの時期は香川県の「そら豆」が旬なんだそうです。

茹でてホクホクを食べるのも美味しいですが、今回はトマトと卵を使って彩り豊かに、寝かせ玄米に合うあんかけ丼にしてみます!

 

 

《CONTENTS》

 -材料

 -つくり方

 

 

■材料(2人分)

 

 

・寝かせ玄米ごはんパック 2パック(1パック180g)

・そら豆 10さや

・トマト 中玉1個

・卵 2個

・しょうゆ 大さじ1.5杯

・みりん 大さじ1杯

・だし汁 200cc

・片栗粉 大さじ1杯

・塩 大さじ1杯

 

 

■つくり方

 

1:そら豆をさやから出し、黒い線が入っている部分に切り込みを入れておく。

 

【Point!】あらかじめ切れ目を入れておくと、薄皮が剥きやすくなります。

 

 

2:鍋に水と塩を入れ火にかけ、沸騰してきたらそら豆を入れて1分ほど下茹でする。下茹でしたら、ざるに上げて少し冷ましておく。

 

【Point!】あんをつくる際に再度加熱しますので、ここでは1分程度でOKです!

 

 

3:そら豆を冷ましている間に、あんの下準備をしておく。だし汁としょうゆ、みりんはボールなどに合わせておく。

 

トマトは角切り、卵は2個といておき、片栗粉も水で溶いておく。そら豆が冷めてきたら薄皮をむく。

 

 

4:鍋にしょうゆとみりんを合わせただし汁を入れ、中火で火にかける。温まってきたらトマトを入れて煮立たせる。

 

 

 

5:トマトにだし汁が染みてきたら火を止めて、そら豆と水溶き片栗粉を入れ、ダマにならないよう混ぜる。

 

【Point!】ヘラやお玉などで混ぜるとダマになりにくいですよ◎

 

 

6:よく混ざったら再び火を入れて30秒ほどしっかり煮立たせる。

 

 

 

7:沸騰してきたら、溶き卵をまわし入れ、卵に火が通ったら寝かせ玄米ごはんにのせて完成!

 

 

 

\ 完成! /

 

 

今回は、「そら豆とトマトの卵あんかけ丼」をご紹介しました。

「そら豆」は、さやから取り出したり、薄皮を剥いたり、少し手間がかかる食材ですが、やり始めるとなぜか夢中になってしまう作業なので、時間のある日は丁寧に皮をむいてお料理してみてくださいね!

出汁をきかせたあんは、トマトとの相性もよく、寝かせ玄米によく絡むのでさらに美味しく召し上がっていただけます。

みなさんも、寝かせ玄米に合うレシピ、いろいろ試してみてくださいね♪